火を使わないお灸の正しいやり方を知っていますか?

お灸は正しいやり方でないと効果を実感できない可能性があります。

他にもおすすめの時間帯と頻度についても言及します。

火を使わないお灸のやり方

火を使わないお灸のやり方は通常のお灸と変わりませんが「ツボの上にお灸をすえる」ことが大切です。ツボでなくても血行促進の効果は得られますがツボを刺激した際の効果はなしです。

またツボの場所は何百種類以上もあります。

こちらの記事が参考になるので是非ご覧ください。

火を使わないお灸のおすすめの時間帯

火を使わないお灸は「いつでもOK」です。

しかし入浴後や食後、飲酒後、熱がある時は結構が促進された状態で火傷しやすいです。なのでその時間帯は避けてご使用下さい。

火を使わないお灸は煙や臭いはゼロなので通勤中でもおすすめです。

火を使わないお灸の頻度は?やりすぎはマズい?

火を使わないお灸の頻度は基本的には間隔を開ければ何回でも問題ないと思われます。

しかしお灸は自然治癒力を高める効果もあります。なので2日~3日に1回続ける様な使い方でもOKです。また症状を和らげる目的の場合は毎日お使い頂いても全く問題ありません。

火を使わないお灸はやけどする?

火を使わないお灸の温度は「40~50℃」なのでやけどのリスクはありません。

通常お灸で使うモグサは100℃だと言われています。

火を使わないお灸で肩こりや腰痛をスッキリさせませんか?

火を使わないお灸はやけどのリスクが無いのに肩こりや腰痛をスッキリさせる効果があります。

昨日の疲れを明日に持っていきたくない人は是非火を使わないお灸を使いましょう。

1日5分のケアでOKなのでお手軽ですよ~!

火を使わないお灸のおすすめ通販ランキング
火を使わない ぬくぬく灸
  • 1日たったの5分でOK!
  • 10秒ほど水に濡らすだけ!
  • 温度は40~45℃で安心
  • 火や煙、臭いはゼロ
  • セルフ型シールで簡単
  • 鍼灸師/漢方アドバイザー監修!
  • 国内工場で製造!
  • 1袋 30個入り
  • 通常価格 税込3,219円+送料324円
  • 初回価格 税込2,139円 送料無料
  • 2回目以降 税込2,575円+送料324円
  • 15日間返金保証付き
  • 継続回数に縛りなし
せんねん灸 火を使わないお灸
  • 継続時間は約3時間と長い!
  • 温度は40~50℃でじんわり!
  • セルフ型シールで簡単
  • 30個 税込2,614円+送料540円
  • 60個 税込4,990円 送料無料

※火傷/低温やけどが起こる可能性あり

お灸 レンジ灸 桐灰
販売終了しました。