皮膚の上にモグサを置いて燃やすお灸。

最近はお手軽に試せる「ドライヤーお灸」というのも登場しているみたいです。ですが私はよりお手軽になおかつ火傷のリスクも少ない「火を使わないお灸」をおすすめします。

ドライヤーお灸と火を使わないお灸はどちらがおすすめなのか?

ドライヤーお灸とは

ドライヤーお灸とは、ドライヤーの温風をツボに当てて温熱刺激する話題のお灸法です。しかしドライヤーを長時間当てると火傷を起こす可能性があるので注意が必要です。

また乾燥肌の人は肌荒れを起こす可能性があるので、タオルの上から行いましょう。

ただ電気代がかかるのと表面しか温められないので正直おすすめできない。

火を使わないお灸はお手軽です!

火を使わないお灸とは様々なメーカーから販売されていますが私は「ぬくぬく灸」がおすすめです。水に濡らすだけで温かくなり、シール型のためツボの上に貼ることができます。

じっくりとツボを刺激できるのでおすすめです。

1日5分でOKとお手軽なのも魅力です。

火を使わないお灸を始めませんか?

火を使わないお灸はおすすめです。

ぬくぬく灸」でお灸を始めてませんか?

火を使わないお灸のおすすめ通販ランキング
火を使わない ぬくぬく灸
  • 1日たったの5分でOK!
  • 10秒ほど水に濡らすだけ!
  • 温度は40~45℃で安心
  • 火や煙、臭いはゼロ
  • セルフ型シールで簡単
  • 鍼灸師/漢方アドバイザー監修!
  • 国内工場で製造!
  • 1袋 30個入り
  • 通常価格 税込3,219円+送料324円
  • 初回価格 税込2,139円 送料無料
  • 2回目以降 税込2,575円+送料324円
  • 15日間返金保証付き
  • 継続回数に縛りなし
せんねん灸 火を使わないお灸
  • 継続時間は約3時間と長い!
  • 温度は40~50℃でじんわり!
  • セルフ型シールで簡単
  • 30個 税込2,614円+送料540円
  • 60個 税込4,990円 送料無料

※火傷/低温やけどが起こる可能性あり

お灸 レンジ灸 桐灰
販売終了しました。