野菜スペシャリストは仕事の役に立つ?履歴書に書けるのか?

野菜スペシャリストは仕事の役に立つ?履歴書に書けるのか?

野菜・果物の正しい知識が学べる野菜スペシャリスト。

でも野菜スペシャリストって仕事の役に立つ資格なのでしょうか?就職や転職で有利になったり、キャリアアップに繋がるのか?そもそも履歴書に書けるような資格なのでしょうか?

野菜スペシャリストについて詳しく解説します。

野菜スペシャリストとは

野菜スペシャリストとはFLAネットワーク協会が認定している資格で野菜・果物の栄養や健康効果、食材の選び方などが学べる民間資格です。

厚生労働省の発表では1日に必要な野菜摂取量の目安は「350g以上」だと言われています。しかし実際には日本人の野菜摂取量の平均は280gと足りていません。今は健康ブームで野菜の摂取する機会は増えているため今後需要が伸びる資格だと言われています。

でも野菜スペシャリストって本当に必要な資格なのって思いませんか?野菜を摂取すると言っても野菜には「緑黄色野菜」や「淡色野菜」と大きく2つに分けられており厚生労働省が発表しているのは緑黄色野菜が120g以上、淡色野菜が230g以上を目標にしています。

緑黄色野菜とは
  • ニンジン
  • カボチャ
  • トマト
  • ピーマン
  • ブロッコリー
淡色野菜とは
  • ダイコン
  • キャベツ
  • タマネギ
  • キュウリ
  • ナス

また野菜によって栄養素と健康効果が異なるため、野菜の組み合わせで1日に摂取できる栄養素、そして健康効果が変わってきます。

野菜スペシャリストでは野菜・果物の種類や効能を始め、野菜の選び方、調理方法、栄養素を逃さない食べ方、栄養バランスの取れた食事、栄養学の基本といった普通の学校では学べない野菜の正しい知識が学習できます。

本気で野菜不足に取り組みたい人に野菜スペシャリストはおすすめなんです。

野菜スペシャリストはスーパーや青果店、飲食店、食品メーカー、商品開発を行っている方が取得すれば仕事に役立つ資格です。なのでキャリアアップにもなる資格なんです!

また2019年に芸能人の吉沢美智子さんが資格取得したことで話題沸騰中です!

野菜スペシャリストに向いている人

野菜スペシャリストはどんな方に向いているのか?

以下に当てはまる方は資格取得をおすすめしますよ!

野菜や果物の知識を深めたい

野菜スペシャリストは野菜と果物に関する幅広い知識が学べます。どの野菜にどんな栄養素が含まれているのか?またどういった健康効果を得られるのか?美味しい野菜・果物の選び方なども知ることができます!

野菜や果物を取り扱うお仕事にも勿論使えますし、家庭菜園をしている方は野菜についてもっとより深く知識を高めることができます。

家族や子供の健康を気にしている

厚生労働省は1日に350g以上の野菜を摂取することを推奨している。なので家族や子供の野菜不足が気になる方にも野菜スペシャリストはおすすめです。健康に気を使って野菜料理を作っても実は栄養不足になっているケースはあります。

なので野菜の栄養素と健康効果を知り、栄養バランスの取れた健康的な料理を毎日提供することに繋がるので家族や子供の健康を気にしているならおすすめです!

もっとキレイになりたい

野菜や果物にはビタミンが豊富に含まれているので美容に良いです。また皮の部分にはポリフェノールなどの抗酸化成分を豊富に含んでいる物が多いので若々しくキレイになりたいなら野菜スペシャリストの資格取得はおすすめできます。

野菜や果物が美容に良いといっても正しい知識でないと意味がありません。

野菜料理のレパートリーを増やしたい

野菜料理と言えば何を思い浮かべますか?意外と野菜料理ってレパートリーが少ないと思いませんか?普段の食事で野菜を取り入れたいけどサラダや野菜炒めくらいしか思いつかない方は112点のレシピが特典として付くユーキャンの通信講座はおすすめです。

体調や症状に合わせた野菜料理やドレッシングなんかも学べますよ!

スーパーや青果店で働いている

野菜スペシャリストはスーパーや青果店で野菜・果物を取り扱う人であれば仕事に繋がる資格です。また食品メーカーや商品開発の人も十分資格を活かすことが可能でしょう。

他にも料理人や介護に携わっている方、保育施設の方にもおすすめできます!

野菜スペシャリストは仕事の役に立つ?

野菜スペシャリストは仕事の役に立つ資格なのか?

スーパーや青果店、料理人などは野菜・果物の正しい知識が学べるので仕事の役に立つと思います。しかしそれ以外の方はあまり使い道がないと思われます。

それに野菜スペシャリストはどちらかと言うと家族や子供に新鮮な野菜・果物を食べさせてあげられるといった「家庭向け」の資格だと思いました。なので就職や転職には単体では物足りないと思われます。

もし食品系の資格で仕事に活かしたいなら「食生活アドバイザー」がおすすめです。食生活アドバイザーは食品学、衛生管理、食マーケットといった食品に関する提供者側の知識が学習できるので仕事に活かすなら食生活アドバイザーがおすすめ。

法律や税金、流通など食全般の幅広い知識が身につきます。

\食生活アドバイザーもユーキャンがおすすめ/無料の資料請求はこちら

野菜スペシャリストは独学で取れる?難易度は高いのか?

野菜スペシャリストは独学では資格取得できません。

ユーキャンの「野菜スペシャリスト」の通信講座を受講して添削課題を全て提出、そして検定試験に合格することで資格取得となります。またユーキャンの通信講座は自宅で検定試験を行えるので資格取得しやすいのが特徴です。

また受講期間内であれば何度でも再試験可能。

なので不合格でも復習して再挑戦しよう。

試験概要

受験資格受験資格はありません。
年齢・性別・国籍に関係なく資格取得できます。
合格率不明
試験方法マークシート方式。
合格基準70%以上の正答率で合格。
試験日通年。
講座受講内ならいつでも受験可能。
会場在宅受検。
費用ユーキャンの講座代のみ。

野菜スペシャリストと他の野菜資格との違い

野菜の資格は野菜スペシャリストだけではありません。

他にもいくつか野菜の資格があるようです。

野菜ソムリエ

野菜ソムリエとは日本野菜ソムリエ協会が認定する野菜資格です。野菜・果物の見分け方や栄養・素材に合わせた調理法など家庭で役立つ野菜・果物の知識が学べる為人気の資格です。

野菜コーディネーター

野菜コーディネーターとはホールフード協会が認定する野菜資格です。資格を取得した日から食田に活かせる知識とレシピが学べます。野菜の知識を生かした料理を作りたい方におすすめです。

ベジタブルフルーツアドバイザー

ベジタブルフルーツアドバイザーとは日本能力開発推進協会が認定している野菜資格です。野菜と果物に関する正しい知識が学べて人にアドバイス出来る資格です。

野菜スペシャリストの本・書籍ってあるの?

野菜スペシャリストの本はありませんでした。

しかし「野菜検定」や「野菜ソムリエ」の本は見つかったので、資格取得まではしたくないけど野菜の勉強をしたい方はそちらなどの本・書籍を買うと良いと思います。

いくつかAmazonで見つかったのでご紹介します。

野菜スペシャリストの資格取得が可能な通信講座とは

野菜スペシャリストの資格取得するならどの通信講座を受ければよいのか?

野菜スペシャリストを受けられるのは「ユーキャン」だけです。

ユーキャンはイラスト・図解付きの分かりやすいテキストが4冊にギュッと凝縮されていて、スマホで勉強学びオンラインプラスを使えばスマホから気軽にWEBテストが行なえます。

また分からないことはスマホや郵便で気軽に質問も可能です。

ユーキャンの「野菜スペシャリスト」では以下の特典がついてきます。

野菜と果物の図鑑
ユーキャンの通信講座では500種類以上もの野菜と果物を掲載した図鑑が特典として付いてきます。品種群や栄養、効果、食べ方など様々な野菜・果物の知識がまとめてあるので忘れた時の復習にももってこい!
野菜&ヘルシーレシピ集
112点もの野菜を使ったヘルシーレシピがユーキャンの通信講座には付いてきます。体調や症状に合わせたレシピなどもあるので子供の体調に合わせて料理が作れます。
野菜生活ダイアリー
日々の食事業況を記録できる日記帳が付いてきます。実際に記帳することで昨日は何を食べた、明日は何を食べるべきかがとても考えやすくなります。意外と記録しておくことでスーパーのチラシの見方がガラッと変わりますよ!
栄養素を逃さない野菜調理の基本
料理の基本である包丁の正しい持ち方や切り方、炒め方など野菜の栄養をを逃さずに美味しく頂けるコツがDVDで学ぶことができます。実際に映像で学べるユーキャンの通信講座は他の野菜資格と比べてもおすすめです!

ユーキャンは特典がついてくるのでおすすめです。

講座費用は一括で39,000円、分割だと3,300円×12回です。

野菜・果物について詳しく知りたいなら野菜スペシャリストはおすすめです。スーパーや青果店で働いている方や介護などで料理を提供している人にはおすすめですし、もちろん家族や子供に新鮮で栄養が失われない野菜料理を提供したい人にもおすすめです!

ユーキャンで野菜についてもっと深く知りませんか?

もっと詳しく体験談とかお得な申し込み方を知りたい方はまず資料請求から!

\野菜・果物の栄養と効果を正しく知る/無料の資料請求はこちら